①、ギックリ腰

患者さんの声

②、脊柱管狭窄症

朝腰の痛みで目が覚め、全く動けない急性ギックリ腰を発症しました。手も足も全く動かせない状態で奥様に支えられてやっとの思いで来院されました。通常ならアイシングやコルセットを巻き数日間は安静にしてもらうようにしてもらいますが、東洋伝統整体療法でしたら、疼痛部位を一切触らず、施術を施した結果、術後には動けるようになり歩いて帰れるぐらいまで回復されました。

脊柱管狭窄症と診断され、長年前かがみの姿勢で、歩く時は杖を頼りにしなければなりませんでした。整骨院や整形外科でもよくならず、年齢のせいかと諦めていました。施術は全く痛く無く軽く動かすだけで、背中がまっすぐになり、足の痺れもいつの間にかなくなり、杖無しで歩けるようになり本当に驚いています。

3年続けて両方の脳に脳梗塞を患い、ベットで寝たきりになり、首から肩にかけて痛みが強く、首の上下運動は全くできず、側屈すると激痛を伴い、腰も激痛があるということです。とにかく寝たきりで動けないことがとても辛いと言っておりました。続けて施術をするとだんだん首と腰の痛みがなくなり、今までできなかった一人で歩く事もでき、家事もできるようになって本当に喜ばれていました。さらに靴下の跡と膝周りの皺の浮腫がなくなった後は靴下の跡もなくなり、膝周りも皺がくっきり見えています。

③、首痛・腰痛・歩行困難・足の浮腫

椎間板ヘルニアと診断され、酷い腰痛で好きなダンスや陸上ができなくなって部活を中止させざるをえなくなり本当につらかったと言っていました。さらに勉強する時に長時間座る事もつらくなり、本当に大変な状態でした。施術を受けてからみるみるよくなり、大好きなダンスも陸上もできるようになり、さらに以前よりパフォーマンスが上がり結果がかなり向上したと喜んでいます。

④、椎間板ヘルニア

072−725−0110